もう家族信託のことで悩まなくても大丈夫です。 もう家族信託のことで悩まなくても大丈夫です。

その悩み、中央事務所が解決します! その悩み、中央事務所が解決します!

家族信託のご相談は
中央事務所へお電話ください!

家族信託 無料相談ダイヤル(9:00-19:00)

0120-907-719

家族信託の基礎知識

家族信託の機能

委託者

委託者信託をする主体を委託者といいます。委託者は、信託によって実現しようとする目的のために、自らの財産を受託者に預けます。

受託者

受託者委託者から預けられた財産を管理または処分などする義務を負う者を受託者といいます。受託者は、委託者が定めた方針にしたがって、預かった財産の管理または処分などを行います。

受益者

受益者受益者とは、受託者から信託財産に係る給付を受ける権利などを有する者をいいます。信託は、この受益者に利益を与えることを目的として設定されます。

商事信託との違い

商事信託とは、金融庁の許可を受けた受託者(信託銀行・信託会社)に託す信託の形となります。一般に「信託」と聞いた場合はこちらをイメージすることが多いと思います。家族信託は、主に家族・親族に託す信託の形となります。

他者信託

他者信託委託者、受託者及び受益者がそれぞれ別人格である場合を他益信託といい、信託の基本類型となります。

自益信託

自益信託同一人が委託者及び受益者を兼ねている場合を自益信託といい、民事信託を設定する場合、税法上の理由などから、まず信託契約による自益信託を設定することが一般的です。

自己信託(信託宣言)

自己信託(信託宣言)委託者と受託者を同一人が兼ねている場合を自己信託(信託宣言)といいます。自己信託は、委託者が自分自身に対し信託を行うことであるが、同一の法人格の間で法律行為を行うことはできないため、書面による意思表示という形式を取ることによって効力が認められる。

家族信託の活用例

認知症対策

認知症になった場合の財産管理
認知症の親(委託者)の財産を子(受託者)に管理してもらいたい。
認知症の妻の財産管理
夫(委託者)の死後、認知症の妻(受益者)の生活を守るために、子(受託者)に財産を管理してもらいたい。

不動産対策

実家(空き家)の売却
認知症の親(委託者)の自宅を子(受託者)が売却できるようにしたい。
共有不動産のトラブル回避
親の相続の際に兄弟3人(委託者)の共有になった投資用のアパートを長男(受託者)が1人で管理・売却できるようにしたい。

福祉型信託

障害のある子供の財産管理
親(委託者)の死後、障害のある長男(受益者)の生活を守るために、次男(受託者)財産を管理してもらいたい。

次次世代継承対策

財産が一族から流失することを防ぐ
親(委託者)の死後、結婚しているが子供のいない長男(受益者)に財産を承継させるが、長男死亡後は、長男の妻ではなく、次男に財産を承継させたい。
次次世代への承継
親(委託者)死亡後、長男(受益者)に財産を承継させるが、長男死亡後は、次男の子に財産を承継させたい。

相続権のない家族への相続対策

後妻の生活を保障してあげたい
夫(委託者)死亡後に、後妻(受益者)を自宅に住まわせてあげたい。ただし、後妻死亡後には、長男に自宅を承継させたい。
内縁の妻の生活を保障してあげたい
内縁の夫(委託者)死亡後、財産を内縁の妻(受益者)の生活を守るために使ってもらいたいが、内縁の妻死亡後は、内縁の夫の兄弟に財産を承継させたい。
ペットの面倒をみてもらいたい
飼い主(委託者)が認知症になったり、死亡したりした時に備えて、ペットの飼育及び飼育してもらうための費用の管理を信頼できる人(受託者)に託したい。

家族信託は、成年後見制度では難しかった柔軟な財産の活用が可能になり、また次々世代へ承継先を指定するなど、遺言ではできないことも可能となります。

他の制度との違い

財産管理等委任契約

特定の人に代理人になってもらい、財産の管理などいろいろな事の対応を依頼する契約です。開始するタイミングは締結した日からとなり、自由に決めることができません。一般的には任意後見契約と同時に締結することが多いようです。

任意後見契約

本人が自分の意思で任意後見人を探したうえで任意後見契約を締結し、実際に後見が必要になったタイミングに後見をお願いする制度です。自分で後見人を選べるなど、ある程度自由な選択ができます。しかし、相続人を決めたり相続財産を決めたりすることはできません。

遺言書

遺言書は、最も認知された相続意思表示の方法のひとつです。遺言書は亡くなったタイミングではじめて効果を発揮します。そのため、認知症対策には不向きです。また、次順の相続人を決めることができません。せっかくの資産が別の家系に流れてしまう可能性もあります。

成年後見制度

成年後見制度は、判断能力が十分でない人に後見人をつけることで、適切な財産管理や生活の組み立てをし、本人の状況や好みにそって生活の質を保つための制度です(認知症に対する対応策)。

今までの相続対策は、自分が死んだ後のことを考えて行うものでしたが、これからは認知症対策も合わせてすることが必須となるでしょう。

家族信託のご相談は
中央事務所へお電話ください!

家族信託 無料相談ダイヤル(9:00-19:00)

0120-907-719